毛抜きでのムダ毛処理の際に痛みを抑える方法

女性にとって日頃から美容の身だしなみとして、ムダ毛処理を行う人がとても多いです。
特に季節としては春から夏にかけて薄着になる時期は、腕や脚の露出が増えてきます。
またプールや海などに遊びに行く際に水着を着用する機会が増えるので、脇の下やVIOラインのムダ毛処理も必要になってきます。
脇やVIOラインなどのムダ毛は1本1本が長く太いタイプが多いので、しっかり処理をしないと目立ってしまう箇所になります。
そのため自己処理としては毛抜きで引きぬく処理を行うと綺麗に仕上げることが可能です。
ですが毛抜きの場合は無理やり引きぬく処理になるので、強い痛みが伴うので苦手だと感じる人も多いです。
毛抜きでの処理の際に痛みを抑える方法として、まずは毛穴を開いておく必要があります。
蒸しタオルなどを用意して患部を温めておくと、毛穴が開いて引き抜く際の肌への負担が軽減されます。
次に引きぬく際は強く引っ張る事はせず、ゆっくりと力を加えながら引きぬくようにします。
そうすると開いた毛穴であれば毛根に過度が負担がかからず、痛みを抑えて引きぬくことが可能となります。

Copyright美容 All Rights Reserved.

美容